カメラ初心者です。でも撮るのと加工するのは大好き。そんな気ままな写真を載せていきます。 たまに日々読んでる本を紹介していきます。

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日々のこと

ワシントン・ナショナル・ギャラリー展

    14_20111103233341.jpg

京都市美術館で開催中の、ワシントン・ナショナル・ギャラリー展へ行ってきました。

印象派、ポスト印象派達の作品が大規模に集結していて、初来日も50点あるということで、すごい人!チケット買うのにも並びましたよ!

ひと言で印象派といっても、やはり全然タッチが違う。
やっぱり私はモネとルノワールが好きだなぁ。ミーハーですか?
特にモネの、「日傘の女性」が好きでした。
ポール・シニャックとジョルジュ・スーラもとても綺麗で、新しい発見です。

で、今回の一番の見所、ゴッホの「自画像」。
他の作品はとても綺麗なのだけれど、ゴッホは絵からもほとばしる情熱と病気への憎悪や葛藤が痛いほど伝わってきて、すごく圧倒されてしまいました。
周りから「夢にでてきそう」って声も聞こえてきました。
うん、それくらい伝わるものがある。

Comment
Trackback
Trackback URL
Comment form













管理者にだけ表示を許可する


Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。