カメラ初心者です。でも撮るのと加工するのは大好き。そんな気ままな写真を載せていきます。 たまに日々読んでる本を紹介していきます。

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

写真のこと

ウイリー・ロニス展

       01seburu_20130106123511.jpg
       <セーヴル・バビロン交差点、パリ 1948年>

昨年11月、京都現代美術館で開催されていた「ウイリー・ロニス展」に行ってきました。

なんというか・・・とってもきれい。
一緒に行ったサークル仲間は「構図がやっぱりすごいな」とか言ってましたけど、何にも勉強してない私は構図なんて全然わからない。
ただ、写真が全てストップウォッチで時間を一瞬だけ止められてるかのように感じるんです。
写真を見て、違うところを向いて、もう一度写真を見たら、また全然違う風景があるんじゃないか。今にも人々の声や街の喧騒が聞こえてくるんじゃないか。
そういう、いきいきとした雰囲気があるんです。
白黒なのに。


       02bast_20130106123509.jpg
       <バスティーユの恋人 1957年>

       05tiisana_20130106123510.jpg
       <小さなパリジャン 1952年>
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment form













管理者にだけ表示を許可する


Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。