カメラ初心者です。でも撮るのと加工するのは大好き。そんな気ままな写真を載せていきます。 たまに日々読んでる本を紹介していきます。

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本のこと

「ビター・ブラッド」

      51BEA36TMHL_20101126224236.jpg


この本読んだこと、内容ごとすっかり忘れてました☆

幼い頃離婚した父を憎みながらも、父と同じ警察官の道に進んだ主人公。
ひょんなことから父が所属している捜査一課との共同捜査に加わることになる。
ある事件を捜査していくなかで、捜査一課の不穏な内情や母との離婚の真相・母の失踪の理由が少しずつ明るみになっていく。

実際あってほしくない内容だけど、事件の逆恨みをされたりで本人や家族が危険な立場に立たされるのは、現実でも往々にしてあることなんだと思う。
警察庁長官の狙撃事件も昔あったしね。長崎市長とか・・・。

お父さんが10年以上お母さんを待ち続けている姿には心打たれますよね。
身なりを着飾っていたり、必要以上にジャケットプレイするのは、捜査上多少意味はあるのだろうけど、寂しさの裏返しのようにも思えます。


-「ビター・ブラッド」雫井 脩介 幻冬舎文庫-
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment form













管理者にだけ表示を許可する


Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。