カメラ初心者です。でも撮るのと加工するのは大好き。そんな気ままな写真を載せていきます。 たまに日々読んでる本を紹介していきます。

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本のこと

「ぬばたま」

             images_20101123221753.jpg


「竜馬がゆく」でかなり消耗したので、軽く読めそうなこの本を選びました。
怖い本かなとおもいきや、怖いのは始めの1話だけで、その後は山にまつわる話が4話続いています。

始めの1話はSFちっくな話。
あさのあつこさんは「バッテリー」の印象が強いのか、こういう内容には少し抵抗がありましたが、2話目からは人間模様が瑞々しく描かれていて、さすが!と思いました。

『山』に重点を置く為、登場人物が一話一話全く繋がらないのもあっさりしていて、より『山』の持つ恐ろしさが引き立ち、生命さえ宿っているのではないかと思わされます。

最後には、あさのさんらしい落とし方もあり、とても読みやすい本でした。



-「ぬばたま」あさのあつこ 新潮文庫-
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment form













管理者にだけ表示を許可する


Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。